5週連続値下げ

 資源エネルギー庁が発表した最新のガソリン価格は、ハイオク1.1円/L、レギュラー1.0円/Lの下げ幅となっています。5週連続値の値下げです。

 要因は原油価格の値下げと市場での需要減のよう。但し、今週までとの見方も。来週あたりからは年末需要を見込み、値上げに転じてくるのではという予測が見られます。

 確かに近隣でも随分下がっている。レギュラーは140円/L台の店頭表示のところも。当然給油待ちも発生していますが、かつてほどの賑わいにはなっていません。ガソリン需要の低迷が深刻であることを感じさせられます。

 寒さは一段と厳しくなっています。こうなると灯油の消費は進みます。最新では18Lの店頭価格が1,829円、先週は1,832円、更に前週は1,833円でした。ガソリンほどの大きな動きにはなっていませんが、ここまでは値下げの動きで推移しています。

 この冬は厳冬だという。ガソリン以上に灯油の消費が気掛かりです。

広告
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
336