ガソリン価格 値下げに転じる

 最新の全国平均ガソリン価格は、ハイオク166.6円/L、レギュラー155.8円/Lでした。これ実に14週間ぶりの値下がりです。

 原油価格の下落、円安傾向が一段楽したことが要因となったよう。ただこの先はどうなるのか。円安は一段楽したとはいえ、まだ微妙な動きは見られます。1ドル100円位になったのなら単純に値上げが進行していくのか。

 不思議なもので最近はレギュラー150円/Lでも安さを感じるようになっています。価格への慣れは恐ろしいものです。2000年前後では100円/L台後半から110円/L代前半位だったかと、今では到底考えられません。

 さて、GSは地下貯蔵タンクの改修義務化により2月以降廃業が相次ぎ、相当数の閉鎖があったようです。幸い我が町、というか私の生活圏ではその動きは目立っていません。ただ、それ以降、各店により価格差が大きくなっているように感じます。

 近隣なら1円/L~2円/Lの攻防となっていたものが、5円/L以上も安さを示してるところが数店見られます。明らかに以前は見られなかったことです。

 GSの淘汰は進みより体力を持つところが価格的優位を強調するようになって来たのでしょうか。競争社会とはいえGSにとっての厳しさは当分続きそうです。

広告
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
336