ガソリン150円時代をどう過ごす

 近年ガソリン価格の変動が激しくなっています。昨年の石油情報センター発表のレギュラーガソリン価格は、130円/L台をキープしたのは1月・2月の2ヶ月間のみ。152円/L台が最高値として2週続いています。しかし、最近では158円/L台まで上がり、160円/Lも見えています。

 このことからガソリン価格の150円/L台は、現実の価格として受け入れ無くてはならないと感じ始めています。しかし、リッター当たり1、2円の差ならまだしも、20円にもなればかなり厳しい価格です。

 これを踏まえれば、ガソリン価格高騰とはどのように向き合えばよいのか考えさせられます。

 これまでも示してきたのは、ガソリン価格高騰にはまずはガソリンカードの利用です。カードを利用することでガソリン価格が安くなる最も身近な方法と考えます。

 但し、これガソリンカードを作る必要があります。その為、カードの審査に通らないや、人によりカード利用には否定的になる人もいるかもしれません。よって必ずしも万人向けとは言い切れません。

 なら、車で省燃費に拘るか。走りに対する気遣いでは燃費の好転が期待できそう。が、目に見えてその効果が期待できるかは難しいかと。

 やはり最も期待できるのは、車そのものを低燃費車へ乗り換えること。EVなら究極、HVでもかなりの恩恵は得られます。その他でも低燃費を謳う車種は増えています。ただ、車を購入するには相応の予算が・・

 ということで、回りまわればガソリンカードへということになります。しかし、誰もがガソリンカードの利用をというにはやや強引過ぎるとも思えます。なのでその実行が可能な人ならお得が得られるとしておきます。

広告
336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告
336